ジョギングは距離を目安とするよりも、時間を目安にする方がよりその効果を図りやすいと言えます。今回の記事では、ジョギングでどれだけのカロリーを消費しているのかが分かるように、時間あたりの消費カロリーとその他の運動との比較などを書いていきます。

 

そもそもジョギングの消費カロリーはどのくらい?

ジョギングを続けるモチベーションを上げるには、どれだけ走ったらどれぐらいの効果があるのかということを把握することがとても大きな力になってきます。ここからは、ジョギングしながらでも計算しやすい時間あたりの消費カロリーの計算のしかたについて見ていきましょう。

30分で240キロカロリー(体重60kg)

ジョギングの消費カロリーは以下のように計算されます。

体重(圈×走った距離(辧法畩暖颯ロリー

   

これを時速8kmで体重60キロの人が30分走ったと計算すると、60kg×4km=240kcalとなります。30分走ることによって消費できるカロリーが240kcalですが、これを30日間毎日続けると7,200kcalになります。

この7,200kcalとは、体重を1kg落とすことができる消費カロリーとされています。このように、1回のジョギングによってどれぐらい痩せる効果につながっているのかが「見える化」できると分かりやすいですよね。

ワタシは1ヶ月で1.5kg痩せた

「30日間毎日走ってもたった1kgか〜。」と思った人のいるかもしれませんね。しかし、この数字は目安であって多少の個人差はあります。ちなみに、私の場合は、1ヶ月で1.5kgの減量に成功しました!!体重計を見た時の喜びと言ったら…「毎日続けてきたかいがあった〜!」とホロリときてしまいました。さらに、続けていくことで更に減量の効果が期待できるのがうれしいですね。

毎日30分ずつ走った

ちなみに私の場合も「毎日30分」を続けました。私の場合は少し効果を上げようと多めに食べていた白ご飯をお茶碗半分のみにしたり、ジョギングの後にぬるめの湯船に20分ほど浸かって新陳代謝を良くするなどの工夫はしました。が、1日30分で1ヶ月に1kg減の効果はほぼ合っていると言えます。

他の運動で最も効率が良さそうなものがないか調べてみた

ちなみに、他の運動ではどれぐらいの時間でどれぐらいのカロリー消費ができるのか調べてみました♪

ウォーキング

160kcal(1時間あたり)×30日=4,800kcal です。

ウォーキングでは、1時間でおよそ160kcal消費します。やはり歩くと走るではだいぶ違いましたね。ウォーキングは体力的にしんどい時などにも、誰でも楽に取り組むことができます。健康面には良いとされていますが、ダイエットに期待する消費カロリーとしては、少し低いかもしれません。



水泳

1,039kcal(1時間あたり)×30日=31,170kcalです。

水泳はもっともカロリー消費の高いスポーツで、1時間クロールで泳いだ場合、平均的な女性で1,039kcalも消費することができます。月に5回1時間のクロール泳ぎをすれば1kgの減量目安は達成ですね。

水泳をした後なぜかとっても力が抜けるような感覚になるのは、多くのカロリーを消費していたからなんですね。短時間で効果を出すスポーツと言えますが、泳ぎが苦手な人は取り組めなかったりスイミングに通わないといけないというマイナス面があります。

エアロビクス

247kcal(1時間あたり)×30日=7,410kcalです。

エアロビクスを1時間行った場合の消費カロリーは247kcalです。エアロビクスはリズムに乗って楽しみながら行えそうですが、よく体を動かしてそうなわりに消費カロリーが少ないのです。意外でしたね。

縄跳び

469kcal×30日=14,070kcalです。

縄跳びは、性別年代によってばらつきはありますが、1時間行うと469kcalほど消費します。これは実はジョギングと同じぐらいの消費カロリーなんです。縄跳びは雨の日でも、その場にいながら行うことができるので良いようにも思いますが、1時間も続けることはとっても大変です。そして、ジャンプ→着地を繰り返すことによる脚への負担が大きいというマイナス面があるんです。

コアリズム

218kcal(40分のプログラム)×30日=6,540kcal

コアリズムも楽しみながら行えて、踊りができない初心者にも意外と取り組みやすいという利点があります。またウエスト回りの引き締め効果があります。消費カロリーは個人差はありますが40分の基本編プログラムで218kcalの消費です。

デメリットとしては、専用のDVDが必要になることや、体の不調などで全身を動かす運動ができない人もいるところでしょうか。

家事

130kcal(1時間)×30日=3,900kcalです。

実は、家事をすることによってもカロリーを消費しているんです。家事をしながらカロリー消費ってなんだかお得感ありますね。面倒な時も、「これでカロリー消費!」と思えばやる気もでそうです。

デメリットとしては、気分転換にはなりにくく、ダイエットに取り組んでいるという意識の切り替えにはあまり効果的ではないところが上げられます。家事によって消費するカロリーとしては、お料理1時間130kcal、掃除機15分35kcal、アイロン30分60kcalなどです。

意外とジョギングは他の運動よりはやりやすい

いかがでしたか?消費カロリーが高く一人で取り組める運動としては、水泳についでジョギングが上がっていました。ジョギングの良いところは、いつでも、誰でも取り組みやすく必要となるものもスポーツシューズぐらいという点にあると思います。また、ゆっくりのペースで30分走るスタイルであればあまり無理せず、お気に入りの音楽に乗って行えるリフレッシュタイムにもできそうです。


このページの上へ